ꥸʥ볨ܡå󥰥֥åå 世界にひとつだけの本をお届けします。
お子様が主人公の絵本をプレゼントしませんか?  
ꥸʥ볨ܡå󥰥֥åå
  トップ » オリジナル絵本 » ????? » ????? » ストーリー ユーザー情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
オリジナル絵本
?????????
??
??
???
?????
おすすめ商品 全商品表示
????????????????
????????????????
4,320?
ご案内
ウイッシングブックとは
ご注文の方法
配送と返品について
個人情報について
訪問販売法の表示
当ショップについて
お問い合わせ
????? 3,240?

下記の「編集データ」を変更入力して「本の内容を更新」ボタンを押すと、作成される本の文面を確認することができます。 データはショップに送信されませんので、納得ゆくまで何度でもお試しください。

お気に召しましたら画面右最下部のボタンで注文できます。

【編集データ】
プレゼントの相手
主人公の性別男の子女の子
主人公の愛称
友達の名前
(3名)
ご家族の方
(2名)
住んでいる場所
贈り主の名前
プレゼントの日
あなたからのメッセージ。20字x3行以内でご記入下さい。


※ 変更される箇所を示すために赤文字で表示していますが、実際の本では黒文字で印刷されます。
※ 実際の本文は国語の美しさを活かす縦書きで印刷されます。
※ 改行位置は実際と異なります。
けんちゃんと ゆきだるま

ぼうけん




のだ ともじ    絵
ダイアナ コリー 文

いけの そのえ 訳


さいとう けんた くん



2015
1225

ゆきえ おばさん
より
きたかぜが ほっぺにつめたい 12がつのゆうがた
あしかがしにある けんちゃんのいえにも
あたたかな あかりが ともりました。
けんちゃんは おかあさん
クリスマスツリーのかざりつけをしています。
わたのゆきを もみのきのはに そっとおいて
クリスマスに
ほんとうのゆきが ふればいいのになと
おもいました。
クリスマスイブのあさ。
めをさますと いつもとようすが ちがいます。
カーテンからこぼれる ひかりが まぶしいくらい。
「ゆきがふったんだ!」
けんちゃんは むねが ドキドキしました。
そっと カーテンにちかづいて
いきおいよく ひきあけると
めのまえは ゆめのような しろいせかい・・・・・・・。
おねえさん、ゆきがいっぱい つもっているよ。
おかあさん、いっしょに ゆきだるまを つくろうよ」
けんちゃんは いそいで ながぐつをはいて
まっしろにかがやいている にわに
はしりでました。
けんちゃんおかあさんは はじめに ちいさな
ゆきのたまを つくって、それを どんどん
ころがして おおきくして いきました。

こんどは おねえさん
すこし ちいさな ゆきのたまを
けんちゃんおかあさんの たまのうえに のせました。
それから きのえだで かおをつくって
けんちゃんのぼうしと おかあさんのマフラー、
おねえさんのかわいらしい 赤いボタンを
3つ つけると
おしゃれで やさしそうな
ゆきだるまの できあがりです。

そこへ ともだちの かなえちゃんと みのりちゃんけんたろうくんが あそびにきました。
ゆきのおしろを つくったり、
ゆきがっせんを したり。
4にんは たのしく あそびました。
ゆうがたになって みんなが かえってしまうと
けんちゃんは ちょっぴり さみしくなりました。
「ゆきだるまさん、いっしょにあそんで!」
そう はなしかけてみると みるみるうちに
ゆきだるまに てとあしが はえてきて、
たちあがって いいました。

「ぼくを つくってくれて ありがとう。
おれいに もりの クリスマスパーティーに
しょうたいするよ。さあ、めをつぶって!」
もう いいよ、というこえで めをあけると
そこは もりの どうぶつたちの ひろばでした。
おおきな クリスマスツリーをかこんで
ウサギや キツネ、サルにシカ、キツツキたちが
にぎやかに おどっています。
フクロウのおじさんが とんできて いいました。
けんちゃん よくきてくださいました。
いっしょに クリスマスを いわいましょう。」

けんちゃんが どうぶつたちと
ゆかいに あそんでいると
シロクマさんが おもたそうな ふくろを
かついで やってきました。
「サンタさんから プレゼントだよ」
みんな うれしくて おおさわぎで
それぞれの つつみを あけてみました。
リスさんには ながいしっぽを きれいにとかすくし。
クマさんには はちみついりのつぼ
ウサギさんには なわとびのなわ
でもけんちゃんは しょんぼりしています。
だって プレゼントが みあたりません。
「だいじょうぶだよ。けんちゃんのは
もう おうちに とどいているからね」
ゆきだるまが おしえてくれました。
「みんな、よかったね。
サンタさんに おれいにいこうよ!」
ウサギさんが おおきなこえで いいました。
「じゃあ、ぼくが サンタさんのいえに
つれていってあげるよ」
ゆきだるまのこたえに
けんちゃんとどうぶつたちは おおよろこびです。
「いいかい? ぼくのうしろに つかまって」
さいしょは けんちゃん
そのあとに リスさんとキツネさん。
つぎつぎに もりじゅうの どうぶつたちが
いちれつに つながって
さあ、しゅっぱつです。
けんちゃんたちは すごいスピードで
そらに かがやきはじめた ほしのあいだを
とんでいきます。
あんまり はやく とんだので、
おねえさんがつけてくれた ゆきだるまの あかいボタンが
ながれぼしのように とんでいってしまいました。
サンタさんのいえに つくと
みんなで こえをそろえて いいました。
「サンタさん、プレゼント ありがとう」
「みんなが よろこんでくれて ほんとうによかった。
けんちゃん、よくきたね。あえてうれしいよ」
サンタさんは ニコニコわらいながら
けんちゃんの てをとって いいました。
「おや、ゆきだるまくんのボタンが
とれてしまたようだね。
では この あおのボタンを つけてあげよう。
わしは また プレゼントを くばりに
いかなければならん。みんな げんきでな」

そしてクリスマスのひ。
けんちゃんが めざめると
まくらもとに プレゼントが ありました。
「あっ!サンタさんが とどけてくれたんだ。
あれ ゆきだるまさんは?」
けんちゃんが にわに とびでてみると
ゆきだるまは ぽつんと
きのうと おなじところに ありました。
おねえさんがやってきて ゆきだるまをみて
ふしぎそうなかおで いいました。
「おかしいな。たしか あかいボタンを
つけたはずなのに・・・・・・」
ゆきだるまは けんちゃんのほうを そっとみて
いたずらっぽく わらいました。

けんちゃん へ

サッカーのしあいで
シュートをきめてね。
おうえんにいくからね


ゆきえ おばさん より
上記の内容をカートに保存するには、このボタンを押してください。
カートに入れてもレジに行くまでは注文は確定しません。


Copyright © 2005-2014 Wishing Book Shop. All Rights Reserved.