ꥸʥ볨ܡå󥰥֥åå 世界にひとつだけの本をお届けします。
お子様が主人公の絵本をプレゼントしませんか?  
ꥸʥ볨ܡå󥰥֥åå
  トップ » オリジナル絵本 » ??? » ????? » ストーリー ユーザー情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
オリジナル絵本
?????????
??
??
???
?????
おすすめ商品 全商品表示
????
????
3,240?
ご案内
ウイッシングブックとは
ご注文の方法
配送と返品について
個人情報について
訪問販売法の表示
当ショップについて
お問い合わせ
????? 3,240?

下記の「編集データ」を変更入力して「本の内容を更新」ボタンを押すと、作成される本の文面を確認することができます。 データはショップに送信されませんので、納得ゆくまで何度でもお試しください。

お気に召しましたら画面右最下部のボタンで注文できます。

【編集データ】
プレゼントの相手
主人公の性別男の子女の子
主人公の愛称
誕生日前の年齢
誕生日
ご家族の名前
幼稚園などよく行く場所
贈り主の名前
プレゼントの日
あなたからのメッセージ。25字x3行以内でご記入下さい。


※ 変更される箇所を示すために赤文字で表示していますが、実際の本では黒文字で印刷されます。
※ 実際の本文は国語の美しさを活かす縦書きで印刷されます。
※ 改行位置は実際と異なります。


ゆきなちゃん
せかいいっしゅう たんじょうび




ぶん・メリー シルバート え・たなか ひとし
やく・いけの そのえ


やしま ゆきな ちゃん



2015
63

おとうさん
より
ネコのはかせから てがみが とどきました。
へたな ねこごで かいてあります。

ゆきなちゃん このあいだは
ホットケーキ ありがとう。
おかあさんに しかられにゃかったかい?
113日は ゆきなちゃんの たんじょうびだね。
おれいに ぼくが はつめいした
ひこうせんに のせてあげよう。
たった いちにちで
せかいいっしゅうできる すごいやつだよ。」
なかまち ほいくえんからの かえりみち
ゆきなちゃんが いえのちかくまでくると
ネコのはかせが へいのうえで
ゆきなちゃんをよびました。
ゆきなちゃん てがみを よんでくれた?
いちど ぼくの けんきゅうしつを みにこないか。」

ネコはかせの けんきゅうしつは
ちさな やまの ちょうじょうに ありました。
けんきゅうしつには
いろいろな へんてこな はつめいひんが
たくさん ならんで いました。
「あのてがみは
この ネコごへんかんコンピューターで かいたのさ。
これは あじのひものオートつりき。
これは キャットフードふくらましきだ。」
ネコはかせは じまんそうに
はつめいひんを せつめいして くれました。
いちばん おくに
こんど のせてもらう ひこうせんが
ピカピカ ひかっていました。

この ひこうせんが とぶのは
じかんに ひっぱられるからなんだ。
だから とんでいるうちに
はるから ふゆ
あきから なつへ ぎゃくもどり。
ちきゅうを はんぶん まわると
ゆきなちゃんの としは
4さいに もどってしまう。
でも しんぱいは いらないよ。
あとの はんぶんで
5さいにもどるからね。」

たんじょうびの 113日  やくそくの 12じに
ゆきなちゃんが まどを あけると
あの ひこうせんが ブーンと
ちいさな おとを たてて うかんでいます。
まるい ドアが あいて
ネコの はかせが おりてきました。
ゆきなちゃん 5さいの おたんじょうび おめでとう。
おいわいの せかいいっしゅうに
さあ しゅっぱつだ!」
はかせが はつめいした
ひこうせんネコふくを きると
ゆきなちゃんは ひこうせんへ のりこみました。
ひこうせんは たかく たかく
のぼって いきます。
ゆきなちゃんのいえが おもちゃのように ちいさくなり
ゆきなちゃんのすむ まちも
やがて みえなく なりました。
そして とうとう にほんのくにも
ゆきなちゃんの てのひらの おおきさに なりました。
はかせが そうじゅうかんを まえに たおすと
ひこうせんは ぐんぐん スピードを あげ
きがつくと
もう あめりかたいりくは めのまえです。
ひこうせんは こうどを さげ
カモメと いっしょに
なみのうえを とびはじめました。

あおく かがやく なみのむこうに
まっしろな ほを かがやかせて
いっせきの はんせんが はしっていきます。
かんぱんに いた きんぱつの しょうねんが
ひこうせんを みつけて びっくりして さけびました。
「すごい のりものだね
どこから きて どこへ いくの?」
「これから あめりかたいりくを こえて
せかいいっしゅう するんだ。」
「きみは どこへ いくの?」
「たからじまの ちずを みつけたんだ。
これから たからさがしに いくんだよ。」
ねこの はかせが
「これは ぼくが はつめいした
ダイヤモンドたんちきだ。
きっと やくにたつよ。」と いいました。
かわいらしい ちいさな まちのうえを
ゆっくり とんでいるときでした。
おとこのこが たのしそうに
いえの かべに ペンキを ぬっています。
そばかすが かわいい きいろいかみの おとこのこが
りんごを てにもって ニコニコしながら
ペンキぬりを ながめています。
ゆきなちゃんも ペンキぬりを してみたくなりました。
「ぼくにも ペンキぬりを させて。」
とたのみました。
おとこのこは おおよろこびで
「すきなだけ ぬってもいいよ。」
といいました。
アメリカたいりくを すぎて
ひこうせんは また うみに でました。
かぜが つよくなって なみが あばれています。
その なみを やぶって とつぜん
まっしろに かがやく おおきな おおきな
マッコウクジラが とびあがりました。
「やあ あれは はくげいだ。」
はかせが さけんだとき
ちいさな ボートに のった おじいさんが
ふとい もりを クジラめがけて
なげつけました。
くじらは はげしい みずしぶきを あげて
うみに もぐって いきました。
たいせいようを わたって
いぎりすの そらを とんでいるときでした。
とつぜん ひこうせんが きりきりと
おとを たてはじめました。
「おや タイムプロペラが おかしいぞ。
しゅうりのために きんきゅうちゃくりくするよ。」
ひこうせんは ふかい もりのなかでも
いちばん おおきな きのうえに
ちゃくりくしました。
ネコはかせが タイムプロペラを
しゅうりしているあいだ
ゆきなちゃんは もりのなかを
さんぽすることに しました。
ことりの うたを ききながら あるいていると
ひづめの おとが きこえてきました。
そのとき ゆきなちゃんの あたまを かすめて
いっぽんの やが きに つきささりました。
みどりの ふくをきた せいねんが
たくましい ウマに のって はしってきました。
そして ゆきなちゃん
「ここは きけんだ すぐに にげたほうが いいよ。」
と さけびました。
ゆきなちゃんが あわてて ひこうせんに もどろうと
きに のぼりはじめたとき
こわい かおを した へいたいたちが せいねんを おって
つちけむりを あげて はしりすぎて いきました。

こんどは ネコたち みんなが そんけいする
えらい えらい ネコさまに あいさつしていくよ。
ながぐつをはいたネコの やかたは
フランスの ある ちいさな むらに ありました。
ピカピカ ひかる ながぐつと
りっぱな ようふくを きた ネコが
ゆきなちゃんたちを むかえてくれました。
「このあいだ わしは しゅじんのために
ひとくいおにを だまして
ちいさな ネズミに へんしんしたところを
ぱくりと たべてしまった。
この ながぐつや きれいなふく
そして この りっぱなきゅうでんも
そのときの ごほうびだよ。。
ちょうど フランスへ きたから
アルプスの うえを とんでみよう。
ひこうせんは みどりに かがやく
そうげんを こえ
ふわふわと とんでいきます。
ひこうせんの おおきな かげに おどろいて
しかの むれが にげて いきます。
やがて アルプスの やまやまが
ぎんいろに ひかって
あおい あおい そらに
そびえているのが みえてきました。
「あの きれいな はなは エーデルワイスだよ。
はなの じゅうたんの うえで
おべんとうを たべよう。
やあ しまった。
ながぐつをはいたネコさまに いただいた
おべんとうを わすれてきてしまった。」
すると おかのむこうから
かわいい おんなのこと
おじさんと こヤギが
たのしそうに うたを うたいながら
あるいてくるのが みえました。
ネコの はかせは おんなのこに ぺこりと おじぎをすると
「どこか このへんに
レストランは ありませんか。」
と ききました。
しょうじょは クスクス わらうと
「これから おべんとうを たべるところなの
いっっしょに いかが?」
サンドイッチに りんご はちみついりの ミルク
こんなに おいしい おべんとうは はじめてです。
おれいに ネコはかせは どんな うたでも じゆうに ふける
ちいさな ふえを プレゼントしました。

それから ひこうせんは アラブのくにぐにや
ひろいひろい ちゅうごく
そして ヒマラヤさんみゃくを こえ
きらきらひかる よるの にほんに もどってきました。
ゆきなちゃんが ひこうせんから おりて
へやに もどったとき とけいは
ちょうど 1じを さしていました。
ネコの はかせは いいました。
ゆきなちゃん きょう 2かいめの 5さいの
たんじょうび おめでとう。」
「いちにちに にども たんじょうびを むかえたのは
せかいで ゆきなちゃん ただひとりだよ。」
「はかせ ほんとうに たのしい
おくりものを ありがとう。」
ネコの はかせは つめを ひっこめた やわらかな てで
ゆきなちゃんと あくしゅを しました。
「さようなら ゆきなちゃん。」
「さようなら はかせ。」
ひこうせんは ほしでいっぱいの そらに
ふわふわと きえていきました。

ゆきなちゃん へ

いっしょうけんめいがんばれば
きっと
ゆめはかなうよ


おとうさん より
上記の内容をカートに保存するには、このボタンを押してください。
カートに入れてもレジに行くまでは注文は確定しません。


Copyright © 2005-2014 Wishing Book Shop. All Rights Reserved.